読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vorfee's Tech Blog

Just another tech blog

Sophos Home と OS X El Capitan で問題発生

Sophos Homeをインストールすると/usr/local/bin/usr/local/shareの権限を勝手に書き換えられる事案が再発生中。これらのディレクトリはHomebrewも使用しているため、Homebrewが正しく動作しなくなる。

なおSophosは以前「Sophos Anti-Virus for Mac Home Editon」でも全く同じことをしている。

Sophos Homeに書き換えられた権限を修正する

Sophos Homeに書き換えられたディレクトリを修正する。

# ディレクトリの権限を正しく上書きする
$ sudo chown -R $(whoami):admin /usr/local/bin /usr/local/share

上記コマンドで修正をしても、Sophos Homeがインストールされている限り何度でも権限を書き換えられてしまうため、アンインストールするしかない。Sophos Home用のフォーラムや窓口も用意されていないのでお手上げである。

追記

※以下2016年3月28日追記

Sophos Home 1.1.2にて改善した模様。バージョンの確認はSophos Homeを開いて、右下のAboutを押すことで確認出来る。

Homebrewが正しく動く状態かどうか確認するには brew doctor コマンドを使う。全く問題なければ数秒〜数分ののち、以下のような出力が得られる。

$ brew doctor
Your system is ready to brew.