読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vorfee's Tech Blog

Just another tech blog

PidoraにSSH接続する

Raspberry Pi B+を手に入れたのでサーバーにする手順を書いていく。パート4。

前回の記事は以下。

Pidoraのネットワーク設定 - vorfee's Tech Blog

パッケージとカーネルを最新状態にする

パスワード認証でSSH接続し、作業前に最新の状態にしておく。

$ sudo yum -y update
$ sudo yum -y upgrade

ついでにvimを入れておく(お好みで)。

$ sudo yum -y install vim

SSH鍵を生成する

残念ながら現在のPidoraはOpenSSHのバージョンが6.4p1なため、使用できる鍵のタイプ(-tオプション)は下記のみとなる。

  • dsa
  • ecdsa
  • rsa
  • rsa1

鍵の生成

256bit ECDSA鍵を生成する。

$ ssh-keygen -t ecdsa -b 256

デフォルトでは~/.ssh内にid_ecdsaid_ecdsa.pubが生成される。

鍵をダウンロード

SSHクライアントから操作する。

$ scp vorfee@192.168.0.64:~/.ssh/id_ecdsa ~/.ssh/ssh.vorfee@pi.vorfee.com

公開鍵をリネーム

$ mv ~/.ssh/id_ecdsa.pub ~/.ssh/vorfee-ssh.pubkey

sshdの設定を変更

$ sudo vim /etc/ssh/sshd_config

デフォルト設定がコメントアウトで書かれているので、変更する場合のみ、一行下に変更を書く。これがsshd_configを書くときのルール。

Portを変更

#Port 22
Port 54321

ログイン猶予時間を短くする

#LoginGraceTime 2m
LoginGraceTime 30s

rootでのログインを拒否する

#PermitRootLogin yes
PermitRootLogin no

失敗してもいい回数を少なくする

#MaxAuthTries 6
MaxAuthTries 3

パスワード認証を拒否する

#PasswordAuthentication yes
PasswordAuthentication no

GSSAPI認証を拒否する

#GSSAPIAuthentication no

公開鍵を指定する

ファイルの最終行に追加する。ユーザー名vorfeeは適宜変更する。

Match User vorfee
    AuthorizedKeysFile .ssh/vorfee-ssh.pubkey

グローバルの設定は変更しないで、ユーザーごとに必要に応じて指定する。

接続

鍵とポートを指定して接続する。

$ ssh -p 54321 -i ~/.ssh/ssh.vorfee@pi.vorfee.com vorfee@192.168.0.64

参照

http://www.unixuser.org/~euske/doc/openssh/jman/sshd_config.html