読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vorfee's Tech Blog

Just another tech blog

odriveをMacから完全に削除する

Finderやコンテキストメニューにアンインストールしたはずのodriveが残っていて気持ち悪い時の対処方法。

概要

odriveはアンインストールしてもディスク上にプログラムを残していて、しかも裏で延々と動作し続ける。

Finderのメニューアイコンにはodriveのアイコンが表示され、右クリックのコンテキストメニューには「no option available」の項目が残る。

1. odriveを普通にアンインストールする

OS Xのメニューバーからodriveを停止する(menu > odrive > quit)。FinderのApplicationフォルダからodrive.appを削除する。

2. odriveの生存を確認

Terminalに ps x | grep odrive | grep -v grep と入力し、odriveの生存を確認する。

$ ps x | grep odrive | grep -v grep
 2073   ??  Ss     0:07.50 /Users/vorfee/.odrive/bin/5227/odriveapp.app/Contents/PlugIns/FinderSyncExtension.appex/Contents/MacOS/FinderSyncExtension

このように何らかの結果が帰ってきたら、削除したはずのodriveが生きている証拠である。

3. odriveを停止

先ほどのコマンドでodriveのプロセスID(PID)がわかったので強制停止する。Terminalに kill -9 PID を入力する。

$ kill -9 2073

2073は各自置き換えること。

4. odriveをディスク上から削除

odriveのファイルを削除する。Finderから ~/.odrive のフォルダをゴミ箱に放り込んでもいい。

$ rm -rf ~/.odrive

5. バックアップを削除する

ホームディレクトリにバックアップとして残っているフォルダを削除する。

$ rm -rf '~/odrivebackup-*'

すっきりした。